「すべての会社に財務戦略を」

30日間の無料トライアル
オンライン財務カウンセリング
サービスに関するお問い合わせ

金融機関別の借入情報管理

借入種別ごとにデータの一括管理

企業は、発生時期の異なる複数の銀行借入金を抱えています。借入種別ごとに、毎月の返済金額(元本・金利)や保証協会付き融資であるかの管理をしておかなければなりません。銀行別の借入金額シェアや、今後の資金調達をどの銀行に依頼するのかという方針を決めておく必要があります。

借入と返済のバランス調整

さらに借りるか?いま返すか?借り換えるか?

借入金の内訳を把握することで、今後の融資戦略を立案することができます。必要な金額はいくらか?どの銀行から借りるのか?どの銀行の借り入れを一括返済するのか?既存の借り換えを依頼するのか?返済を止めるべきか?など、借入金に着手することは資金調達戦略の肝になります。

銀行借入以外の資金調達

補助金・助成金・給付金などの活用

金融機関からの借入以外にも、社外から資金調達する方法は多数あります。要件を満たすことが必要となりますが、事前に政策や制度を把握した上で、活用すべき手段を採用していくことが資金調達には有効な取り組みとなります。